欅坂46 - 語るなら未来を…

ふいだった ただのアンラッキー 心が一瞬声上げた
ガラス瓶 落として割れたら 元になんて戻せないんだ

何が入ってたかなんて 明かしても意味がない
アスファルトの上 広がった ただの黒い染み

もう 失った人生なんて語るな
ほんの一部でしかないんだ
手に入れたのは脆い現実と
飾られた嘘のレッテル
破片を拾い集めるな 語るなら 未来を

終わったんだ 無駄なエピローグ 往生際が悪すぎる
手に取って 確かめようにも そこにないならしょうがない

誰のせいでもないだろう 振り返る余裕ない
腹立たしさとか 悔しさは 思い上がりだよ

今だから言えることは語るな
墓の中まで持って行け
言葉にすれば安い願望と
オーバーに盛った真実
過去など自己嫌悪しかない 語るなら 予言を

人は心の中に ガラスの瓶がある
愛や夢を詰め込んで 割らぬように大事に守っているけれど

もう 失った人生なんて語るな
ほんの一部でしかないんだ
手に入れたのは脆い現実と
飾られた嘘のレッテル

今だから言えることは語るな
墓の中まで持って行け
言葉にすれば安い願望と
オーバーに盛った真実
過去など自己嫌悪しかない 語るなら 予言を

Lyrics licensed by LyricFind

Wijzigen Zit er een fout in de songtekst? Wijzig hem dan nu!